「食え クソうめェだろ」

44話
三人のコック

次なる船員・コックを探すため海上レストラン「バラティエ」にやってきたルフィ一行。

到着すると、バラティエには海軍本部の船が停まっていました。

大尉・フルボディとヨサク&ジョニーの間でいざこざがありますが、基本的には海賊と事を構えるつもりはないようでしたが・・・。

海軍の船から大砲が撃ち込まれたため、ルフィは”ゴムゴムの風船”で対応します。

砲弾を撃ち返したのはよかったのですが・・・返った先は、海上レストラン・バラティエ。

ルフィはその損害の補填のため、店のオーナーから「1年間の雑用ただ働き」を突き付けられます。

一方、店では別のトラブルが・・・。

ルフィを攻撃してきたフルボディが、店員・サンジに因縁をつけます。

「おい!! この店はこんな虫入りのスープを客に出すのか?」

上手に受け流すサンジに対し、恥をかかされたフルボディが料理ごとテーブルを壊してしまいます。

サンジの目線は、拳の破壊力などではなく、残っていたスープへ。

「…………ちょっとあの虫を取り除けば飲めたんじゃねェのか?このスープは…!!」

フルボディは「こっちは金を払う”客”だ」と言って怒りをあらわにします。

それに対し、サンジは聞き返します。

「金ってのは…腹のたしになるのかい?」

フルボディをめった打ちに。
他のコックが割り込んできても、食べ物を粗末にすることが許せないサンジは全く引きません。

そこへ、フルボディに血相を変えた隊員から一つの報告が入ります。

「も…申し訳ありません!!船の檻から…逃げられました…!!!」
「海賊クリークの手下を逃がしてしまいました!! ”クリーク一味”の手がかりにと我々7人がかりでやっと捕まえたのに…!!!」

それに信じられないフルボディ。

なぜなら3日前に捕まえたときですら既に餓死寸前で、それ以降なにも食べさせてなかったからだと言います。

クリーク一味というと、この東の海で最強といわれる海賊団。

その船員が自由になり、レストランに乗り込んできたのです。

「何でもいい…メシを持って来い…ここはレストランだろう!?」

息も絶え絶えにそう伝えます。

しかしここは荒くれのコックが集うバラティエ。

コックのパティが声を掛けます。

「いらっしゃいませイカ野郎」

そして、代金を持っているか聞きます。

返事の代わりに銃を突きつけるクリーク団員に、金がないと判断するとたたき伏せました。

「代金払えねェんなら 客じゃねェじゃねぇか!!」

腹の虫を泣かせ、フラフラのクリーク団員を追い返します。

それを無言で見ているサンジ。

追い払ったコックに歓声が上がる中、外に追い出された空腹のクリーク団員・ギンに料理を持ってくるのでした。

「食え」

ガツガツと食べ始めるギンは、サンジに話しかけます。

「面目ねェ…!!」

「こんなにうめェメシ食ったのは…おれははじめてだ…!!!
 ………!!! 面目ねェ 面目ねェ!!
 死ぬかと思った…!! もうダメかと思った…………!!!」

それを聞いたサンジは、口元を緩ませこう言います。

「クソうめェだろ」

▼ お気に入りシーンにワンタップ投票♪ ▼
  • 胸に響く(0)
  • 信念・熱い(1)
  • 仲間・友情(0)
  • 泣ける(0)