ミホークに敗れ、ゾロがルフィにもう二度と敗けないと誓うシーン

「不安にさせたかよ… おれが………
 世界一の…剣豪にくらいならねェと …お前が困るんだよな………!!!」
「おれは もう!! 二度と敗けねェから!!!!」
「あいつに勝って大剣豪になる日まで 絶対にもう おれは敗けねェ!!!!」

「文句あるか 海賊王!!」
「しししし!! ない!!!」

ルフィ&ゾロ
第52話「”誓い”」

敗北を認め、今度は仲間のために最強を目指すことを誓う名シーン

世界一の剣豪・ミホークとの闘いに敗れたゾロ。
上半身に大きなダメージを負います。

それを見たサンジは思いを巡らせます。

(何でだ………!!!)
(クソ野郎イカレてるぜ………!!相手は本物の世界一だぞ 結果は見えてた…………!!! 死ぬくらいなら野望を捨てろよ!!)


「簡単だろ!!! 野望を捨てるくらい!!!」

倒れて海に落ちたゾロをヨサクとジョニーが救出に向かい、ルフィはミホークに向かっていきます。

「若き剣士の仲間か…貴様もまたよくぞ見届けた……!!!」

そんなルフィにミホークは声を掛けます。

「安心しろ その男はまだ生かしてある」

深手を負って意識がないゾロに向かってミホークは話しかけます。

「我が名ジュラキュール・ミホーク!! 貴様が死ぬにはまだ早い」
「己を知り 世界を知り!! 強くなれロロノア!!!」
「おれは先 幾年月でも この最強の座にて貴様を待つ!!」


「猛ける己が心力挿してこの剣を超えてみよ!!! このおれを超えてみよロロノア!!!」

ミホークはルフィにも目指す先を聞き、ルフィは海賊王と答えます。

その道は険しく、世界最強の剣士・ミホークを超えることよりも大変だといいます。

ゾロを診るウソップに無事を確認しますが、無事ではないが生きていて、気を失っている状態のようです。

そこに不意に刀を上げる手が・・・。

「…ル…ルフィ…? …聞…コえ…るか?」

「ああ!!」

「不安にさせたかよ… おれが………
 世界一の…剣豪にくらいならねェと …お前が困るんだよな………!!!」

ルフィに声をかけるゾロ。
息も絶え絶えで血を吐き、ヨサクやジョニーにしゃべるなと止められながらも言葉を続けます。

「おれは もう!! 二度と敗けねェから!!!!」

「あいつに勝って大剣豪になる日まで 絶対にもう おれは敗けねェ!!!!」


「文句あるか 海賊王!!」
「しししし!! ない!!!」

▼ お気に入りシーンにワンタップ投票♪ ▼
  • 胸に響く(1)
  • 信念・熱い(1)
  • 仲間・友情(1)
  • 泣ける(0)