「おれは嬉しくて……!!! 涙が止まらねェ 今になって命が…惜しい!!!」

「おれは嬉しくて……!!! 涙が止まらねェ

 今になって命が…惜しい!!!」

ポートガス・D・エース
第568話「”勝手にしやがれ”」

生まれてはいけないのかと感じた自分に命を賭けてくれる仲間がいる喜び

エースの処刑場までもう一息の場所までたどり着き、白ひげ、そしてガープが戦線に加わります。

いよいよ大詰めという中、エースがうなだれます。

子供のころのことを思い出し・・・。

(お前 世の中何でこんなに海賊達の被害が多いか知らねェのか!?
 全部そのゴールド・ロジャーのせいなんだぞ!?)

(アレは生まれて来なきゃよかった人間なんだ とんでもねェクズ野郎さ!!)

そんなロジャーの噂に、息子であることを知ったエースは怒りを覚えます。

ロジャーのことを聞いては、悪くいう奴らを叩きのめすということを繰り返していました。

ある日、ガープと会話します。

「ぶわっはっはっはっは!! おいエース最近荒れとるらしいな!!」

「………!! ジジイには…孫がいるんだろ?
 ……そいつは……幸せそうか?」

「ああルフィか 元気に育っとるわい」

そして、心の内を一言うち開けます。

「ジジイ……」「あァ?」

「おれは………生まれてきてもよかったのかな…」

それに対するガープの答えは、

「そりゃおめェ……生きてみりゃわかる」

激化する戦場で、皆がエースを助けるために動いている。

それをみてエースは呟きます。

「……おれは…腐ってる……!!!
 ……くそ……おれは 歪んでる!!! ………こんな時に
 オヤジが……弟が……!! 仲間達が……!!
 血を流して倒れて行くのに……!!!」

「おれは嬉しくて……!!! 涙が止まらねェ」

「今になって命が…惜しい!!!」

数奇な運命を背負って生まれてきたエース。

大海賊時代をもたらした極悪人とされるゴールド・ロジャーの子供として生まれ、生きる意味も見つけられなかった。

それでも兄弟ができ、海へ出て、仲間ができた。

自分一人のためにこれだけの人が命を賭して動いてくれるこの現状に、エースの中で一つの答えが出たのだと思います。

▼ お気に入りシーンにワンタップ投票♪ ▼
  • 胸に響く(3)
  • 信念・熱い(2)
  • 仲間・友情(0)
  • 泣ける(4)